冬に治す爪水虫

爪水虫を誰にも知られずにこっそり治療していくには?

爪水虫は冬に治すのが鉄則

爪水虫は冬の間に治すのが基本。何故なら、白癬菌は高温多湿の環境を好むので、気温が下がり乾燥しやすい冬は単純に菌の活動が活発ではなくなるからです。

実際に冬の期間は水虫の症状が和らぐこともあるので、治ったと油断してしまうケースも多いです。しかしながら、白癬菌は皮膚に潜んでいますから、ぶり返す→悪化する→爪水虫になるというパターンもありがちです。

爪水虫には痒みの症状がないので自覚出来ないかもしれませんが、白癬菌の働きが低下するのは同じこと。爪水虫も冬の間に治すのが良いのです。

しかし、一概に冬がチャンスとも言い切れません。例えば菌の温床であるこたつは冬にしか使いませんし、ブーツが濡れやすくじっとりと乾きにくいのもまた冬です。また、寒い季節ですし、天気もぱっとしないことが多いですから、つい洗い物を溜め込んでしまって洗濯の頻度が落ちてしまうのも冬ではないでしょうか?

菌の繁殖力が低下すると言っても、菌の温床そのものは至るところにあるのだということを忘れずに、治療に励んでいただきたいところです。

さて、肝心の治療ですが、一般的に爪水虫は病院に言って内服薬をもらわなければ治療は困難とされています。爪の内部に潜り込んでいる白癬菌ですから、血流に乗って爪の内部まで成分が届くように内服薬を処方されるのです。

これは確実な治療法ではありますが、通院にかかる負担や、強く表れるかもしれないという副作用の懸念などにより敬遠する人もいます。ましてや、誰にも知られたくないのに病院に行くのは恥ずかしいものです。医師の「水虫ですね」という言葉を聞きたくないばかりに、別に痛くも痒くもないし別にいいか、と諦めてしまうこともあるようです。そして素足を出す季節になって後悔する。

そういう方におすすめなのが「Dr.Gsクリアネイル」という外用薬による、ご自宅での治療です。

 言えない人がたくさんいる爪水虫
 爪水虫は冬に治すのが鉄則
 朝と寝る前のケアで爪水虫を治す
 どれくらいで治るの? 重症の爪水虫には?
 お財布と相談も必要な爪水虫治療