言い難い爪水虫

爪水虫を誰にも知られずにこっそり治療していくには?

言えない人がたくさんいる爪水虫

こうして考えてみると、「じゃあ意外に水虫に患っている人って多いんじゃないだろうか?」という予想も立てられます。

そう、意外に多いのです。聞くところによると爪水虫は五人にひとりとも、十人にひとりとも言われています。

もちろん、不衛生で恥ずかしいイメージが付きまとう水虫ですから、水虫であることを隠している人もいるでしょう。自分が水虫だと認めていない人も、気付いてない人もいるでしょう。数字など当てになりませんが、思っているよりも多くの人が水虫であることは間違いないのではないでしょうか。

しかしながら、「ちょっと風邪ひいた」と言うのと同じように、「水虫になった」なんて言えるものではありません。それが身だしなみに気を遣う女性ならなおさら言えるものではないし、男性も聞きたくもないのではないでしょうか。

隠された水虫はやがて症状が悪化して爪水虫となります。爪にまで白癬菌が入り込んでしまった状態です。つま先までおしゃれに気を遣う女性なら、爪が白っぽく、黄色っぽく変色し、変形してしまう爪水虫は大きな問題です。

いつの間にか爪水虫になってしまい、人前に足を晒せなくなってしまった女性の方は意外に多いのではないでしょうか。「いやー水虫でさ」なんて気軽に言えない女性だからこそ、この問題に直面している人は多いかも知れません。

ここでは、特に爪水虫であることを隠し通したい女性のために、爪水虫を治療する方法をご紹介していきたいと思います。目標は足を晒さなければならない機会が多くなる真夏までに治すこと。こっそり頑張ってなかったことにしてしまいましょう。

 言えない人がたくさんいる爪水虫
 爪水虫は冬に治すのが鉄則
 朝と寝る前のケアで爪水虫を治す
 どれくらいで治るの? 重症の爪水虫には?
 お財布と相談も必要な爪水虫治療